Staff Voice

社員の声

- 不動産開発部 主任 契約担当 -

的確、迅速は当たり前。配慮ある書類づくりで顧客満足を向上。

主任「T」の業務は多岐に渡っている。営業担当者が販売した物件の契約書作成に始まり、契約後の住宅ローンの斡旋・代理業務、 そして引き渡しの際の書類作成などである。こうした諸手続きに求められるのは、正確さはもちろん、わかりやすい書類づくりやスビ ーディさも重要になる。主任「T」は宅地建物取引士の資格取得者だが、そうした専門知識を駆使するだけでなく、細やかな配慮が大切になるという。
「私たちの仕事は書類ばかりに目が行きがちですが、その書類の向 こうにはお客様がいることを忘れてはいけません。お客様が見る際に理解しやすい書類づくりが必要なのです。また権利の引渡しの種類などはお客様の都合を考えて、早めにお渡しするなどの配慮も大切ですね」

契約書作成から、権利の引渡しの書類作成など管理業務を担当する「T」。
その細やかで迅速な仕事は、お客様と社内の信頼を獲得している。

住宅ローンの申請時には、お客様の代理として銀行への申請や、窓口への同行も主任「T」の重要な仕事である。当然、マンション購入は初めてのお客様が圧倒的に多く、その手順はわからない人がほとんど。そんな時に電話でわかりやすく説明をし、同行の際には 丁寧なアドバイスも忘れない。どうしても不安になりがちなお客様の気持ちを支えるのも主任「T」の役割なのだ。
「私たちはプロフェッショナルですから専門知識はもっていますし、申請なども日々の業務として捉えがちですが、お客様にとっては一生に一度しかないような特別な日です。
それを理解してお客様の気持ちに寄り添うようにお付き合いすることが真のプロフェッショナルだと思うんですね」
こうした主任「T」の真摯な姿勢はお客様ばかりではなく、社内にも向けられている。たとえば、法改正が実施されたときなどは、改正のポイントなどを分かりやすくまとめて関係部署に配る。こうした主任「T」の配慮によって、円滑に業務が進められている。営業部門のような華やかさはないかもしれないが、主任「T」の仕事に対する細やかな姿勢が、お客様の信頼獲得につながっているのである。

キャリア採用の詳細は、下記の「中途採用募集要項」よりご確認ください。

中途採用募集要項

TOP > 採用情報 > 社員の声:不動産開発部 主任 契約担当